最新登録店舗

カテゴリ:

店舗名
食事処 磯辺
住所
静岡県賀茂郡東伊豆町北川1131-35
店舗情報

伊豆高原から下田へ下ること約15分。
国道135号線から村の入り口のわき道を下ると海辺の混浴温泉「黒根岩風呂」が見えてくる。
そのまま進むと、海真近の岸壁にへばりつく様に大きな旅館、小さな民宿が続いてる。
その一角に、相模湾一帯に伝わる郷土料理「まご茶漬け」や北川漁港の
定置網漁で毎朝獲れる新鮮地魚が食べれる小さなお店「食事処 磯辺」があります。

中でも売りは「あじ鮨」となっており素朴で繊細な味わいは
飽食の時代の一つのオアシスと言ってもよいでしょう。
食べると「ほっ」とします。

この界隈では 「北川あじ鮨本舗」と銘打って5カ条の基本を打ち出し、
ホテル、旅館、食事処などの店舗が各自に趣向をこらした「あじ鮨」が楽しめます。

5カ条を要約すると

・旨さを最大限に伝えるために新鮮な鯵を使用すべし

・鯵、酢飯、薬味を一気に味わうために一口サイズ

・薬味を各々で工夫し極め各店ごとの個性を表現

・郷土の心を伝承しよう

・心をこめて作ろう

となります。

温泉で癒されて、食べ歩く。
小さな幸せが見つかりそうです。


店舗名
ビストロくさむら
住所
静岡県伊東市八幡野1346-39
店舗情報
雑木林の中、木漏れ日ふりそそぐテーブルで温かみのある手料理を味わう。

絵本から飛び出してきたようなメルヘンチックで可愛らしい佇まいに、
「こんなお店があったらいいね」をギュっと凝縮したかのような店内で。
家庭的で気どらない料理が楽しめます。

調べると、「ビストロ」とは - bistro(仏) 気軽に利用できる小さなレストラン。「あまり高くないレストラン」、というニュアンス、直訳すると「大衆食堂」だそうで。

店主が出してくる料理を食べてると、ヨーロッパに行った事も無い私が
なんとなく懐かしさをおぼえるのです。

これはおそらく、ヨーロッパの田舎料理の素朴さが、日本の田舎料理。
お袋の味的なそれと同一線上にある物だという証明であるまいかと勝手に思ってます。

何世紀もかけて、ヨーロッパの片隅でお母さんや職人たちの手で洗練されてきた調理法。
何千何万回と作られ食べられて、愛されてきたレシピ。

その「確かさ」を受け継いだ店主が、伊豆の食材を中心に再構成し、洗練させてゆく。

ビストロくさむらの料理を食べて思い出すのが、中山道の妻籠宿で囲炉裏端を囲んで食べた
季節の山菜を中心とした川魚などの田舎料理です。

この料理を食べた時にも、ビストロくさむらの料理を食べた時にも
強く思ったのが「家族に食べさせたいな」でした。

家族や友人、大切な人を連れて行きたくなる場所として重宝しそうです。


店舗名
切麦屋 あいだ
住所
静岡県伊東市八幡野1282-33
店舗情報

(「斬新」をテーマに、ここでしか味わうことができない創作うどんの数々)
お店の謳い文句通りの感動的なうどん創作料理の数々を味わえます。

通常、蕎麦やうどん屋では
「天そば」「天うどん」が人気メニューだったりするわけですが。
切麦屋 あいだにはそう言った通常のメニューはありません。
しかし、メニューにはありませんが、それに比類する、
あるいは凌駕する、独創的な創作うどんが楽しめます。

薬味と呼ばれる、一見するとフレンチレストランで出てくるような
様々な具材が何層にも重ねられたミルフィーユ。

これをほぐしてうどんと一緒に食べたとき、店主が何を考え
どれほどの事を積み重ねここに至って来たのかが。
垣間見えた気がしました。

↓以下その一瞬で垣間見えたもの

ともすると革新的な物事をなすには純度の高い「自我」が必要となり
それを理解できぬ他者や相容れぬ価値観との衝突を生み出し。
単なる自己満足で終わってしまうことの方が多いのですが。

独創的なうどんを作りたいとの欲求。
美味しいうどんを食べてほしいとの欲求。
うどんに対する愛情の3つが程よく混ざり
その顔の向いている方向が「お客様」であった時

温故知新ならぬ温故革新的なうどんがうまれるのかな、と。


食事をして感動することなどめったに無いと思いますが。
これは感動的な体験でした。

店舗名
cafe INDI(カフェ インディ)
住所
静岡県伊東市湯川1-11-7
店舗情報
注文をしてから作るカレーはスパイスの鮮度が違う。薫りも高いスパイス仕立ての本格インドカレーが気軽に食べられる嬉しいお店。日本人の口に合うようにと改良を重ねた焼きたてナンのパリパリとモチモチが香ばしい。手作り本格派を騙った良く出来たレトルトカレーとは無縁のお店。

店舗名
中華そば専門店 木八きはち
住所
静岡県伊東市八幡野1184−13
店舗情報
ホロホロと口の中でとろけるチャーシューののった背油系醤油トンコツ味を求め、伊豆高原駅前では連日行列ができてます。

店舗名
鈴木屋食堂すずきやしょくどう
住所
静岡県伊豆市湯ヶ島185-1
店舗情報
夜間に伊豆の山道を走っていると結構頻繁に猪や鹿に出くわします。もう無くなっちゃいましたが中伊豆には以前「いのしし村」と言うマニアックなアミューズメントパークもありました。この、伊豆に住んでると結構馴染みの深い「猪」を美味しく気軽に食べれると評判の鈴木屋食堂の「いのしし丼」。実際に食べてみて驚いたのですが、かなりの「オリジナリティの高さ」を誇ります。あえて詳しくは触れませんが、よくある地産解消を謳っただけの定番品メニューの焼き直しなどではありません。創意と工夫を感じる伊豆のグルメといえる逸品です。

店舗名
花柚はなゆ
住所
静岡県伊東市富戸1317−3216
店舗情報
蕎麦屋に頑固親父。絵に描いたような展開かと思いきや、口を開くととっても気さくな親父さんのつくる蕎麦は、趣味が高じて研究に研究を重ねた独学の逸品。そば粉は北海道産、つけ汁には化学系調味料は一切使いません。私のお気に入りは本わさび付の盛り蕎麦です。親父の打つ繊細な蕎麦に、すり立て香り高い山葵をのっけて食べると伊豆に住んでてよかったな~としみじみ思います。(わさびは伊豆の特産品です)行列ができるほどの人気店でもあります。

店舗名
BAAN HATAH(バーンハタ)
住所
静岡県伊東市八幡野1307
店舗情報
毎年タイへ足を運び、現地の料理を肌で感じ、舌で学び、見て得た全ての感性を活かせる厳選された食材を使い、美味しく、体が喜ぶ料理をと、元ムエタイキックボクサーのシェフと、元ラウンドガールのオカミがおくる本格タイ料理のレストランです。お馴染のトムヤンクンをはじめグリーンカレー・生春巻きなど、スパイスやココナッツの効いたトロピカルでスッパ辛い料理はヤミツキになるかもです。ペットもOKです。

店舗名
イタリアン カフェ ボスコ(いたりあん かふぇ ぼすこ)
住所
静岡県伊東市八幡野1041-60
店舗情報
伊豆高原でもっとも賑わいをみせるミュージアム通りの一角にこじんまりと可愛らしいイタリアンカフェがオープンしました。

店舗名
伊豆一の蔵(いずいちのくら)
住所
静岡県伊東市八幡野1105-44
店舗情報
一番人気の「蔵蒸しまんじゅう」の他、「せんべい」や「最中」などの定番和菓子や、「ニューサマーオレンジ」を使った創作スイーツ、伊豆のお土産として「わさび漬け」や「ぐり茶」、「伊豆の佃煮」など多彩に取り揃えてます。夏限定の蔵ジェラートは伊豆高原のグルメ通のあいだで密かに人気です。